エンダモロジー継続の必要性